自分でもできる?水道蛇口の交換工事

家庭の中を見回してみると、大事な設備はいろいろとあります。水回りの重要性はとびぬけて高いでしょう。水がなければ、生きていくこともできないからです。その水をコントロールするのが、蛇口の大事な機能でしょう。頻繁に使う蛇口は、どうしても摩耗しますし、負担かかかっていきます。水道 工事会社に依頼して、新しいものに交換する時期も考えておかなければいけません。

■なければ水が使えない蛇口

蛇口の機能は、必要なときに水の量をコントロールするところにあります。キッチンでも風呂場でも使用頻度が高い場所になるでしょう。トイレのように常時開いて調整している部分は、自動的に給水を止められるようにバルブがつけられています。どの部分を見ても、使用頻度が高く、劣化してくるとコントロールができません。水漏れを起こすのも、部品の劣化が進んだ結果です。
水を自由に使うためにも、蛇口のメンテナンスとして消耗品の交換が必要になるでしょう。これだけでも、水漏れの大半に対応できるため、蛇口に合わせた方法を調べておく必要があります。



■蛇口の交換とシールテープ

蛇口もいつか壊れるのは間違いありません。パッキンなどの消耗品だけではなく、本体にも寿命があるからです。だんだんと違うところから水漏れが見られるようになったときには、交換を考えてみた方が良いでしょう。水道工事会社に依頼するのが一番安全ですが、ツーレバー水栓など構造が難しくなければ、自分で交換もできます。
交換する際には、パーツ同士がしっかりとはまるようにするのが重要です。接続するネジ周りには、シールテープを巻いて、ねじ山に隙間が生まれないようにするのも忘れてはいけません。これを忘れると、せっかくの蛇口もネジの部分にできた隙間から水漏れするようになるでしょう。



■まとめ
蛇口の交換も修理も、実際におこなってみると単純な作業です。タオルやバケツも用意しておけば、周囲を濡らすこともないでしょう。大事なことは、止水栓か元栓を締めてから作業することです。安全の確保のためにも、忘れないようにする必要があります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ