ウォシュレットの故障は水道工事会社に修理を依頼

ウォシュレットの普及率は全国の一般世帯で80%を超え、多くの人に使用されていることがわかります。駅やデパートなどの商業施設やオフィスビルなどでも、ウォシュレットが設置されたトイレが増えています。多くの場所で使用されるようになりましたが、故障したときのことも考えなければいけません。トイレの設備のひとつとして水と電気が使われており、機械であることを忘れてはいけません。

■危険性が高い本体内部の水漏れ

ウォシュレットの構造的な部分を見ると、水を温めてノズルから噴出させます。そのため、内部を含め異常が起きれば水漏れする可能性が出てきます。電気も使っているため、内部で漏れだすと、大きな問題になるでしょう。漏電する可能性もあり、感電にもつながります。何かおかしいと思ったときには、使用をやめて、電源を抜くことが大切です。内部の水漏れを起こしたら、購入した水道工事会社に点検してもらうことも必要です。



■可動部分の負担と水漏れ

ノズルは稼働部分として、どうしても負担がかかります。トイレに使われる部品として清掃していないと、ウォシュレット 水漏れにもつながるでしょう。動きが悪くなると、それだけ負担がかかります。これが水漏れにつながる原因です。
メンテナンスもしなければいけませんが、放置したままになれば、劣化はどんどん加速します。水道工事会社などを頼まなくても、清掃をするだけでもかなりの予防になるでしょう。メンテナンスをするときには、電気を切って行うことが大切です。



■まとめ
今や多くの場所でウォシュレットを目にする機会が増えています。これまでのトイレには電源など使用していることはありませんでしたが、ウォシュレット機能のついた便座は電化製品であり、それも精密機器であることを忘れてはいけません。構造的に考えても、洗浄に水を使うため、清潔な状態が保てるようにしなければいけません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ