水道工事で風呂の給湯器交換を考える

給湯器は、トラブルを起こすだけでも生活に大きな影響してしまいます。給湯器に不具合が起こり、水道工事会社に依頼して点検してみると、使用状況によっては修理では対応することができず、交換を進められることも出てきます。この理由も考えてみなければいけません。

■修理では対応できない理由

給湯器から水漏れしている状況は、修理で回避できるのが一番です。費用も少なくて済みますし、なによりも早いでしょう。ところが、簡単にいかないことも出てきます。工事をして交換しなければいけない状況ですが、部品が手に入らなくなると、修理はできません。メーカーが生産していれば手に入りますが、生産から10年もたつと、部品の生産も終わります。新製品にシフトするからです。部品が手に入らなければ、給湯器 交換を勧められるのも当然の流れでしょう。



■交換したときのメリット

工事をして給湯器の交換をすると、効率化のメリットが生まれてきます。機材も10年もたてば、驚くほどの進化を遂げます。特に熱効率は給湯器の命題であり、どのメーカーも効率化を進めているため、新品にすることで給湯器の性能もあがり、省エネ効果も得られるでしょう。
また、家族が増えたときなど、お湯を使う量が大幅に増えた場合も、給湯器の交換を考えるきっかけとなります。例えばお湯を使う量に対して給湯器が小さすぎる場合、風呂と台所などの2か所で同時にお湯を使用すると、水圧が極端に下がってしまうことがあります。そのような場合も大型の給湯器へ交換することによって快適にお湯を使用できるようになります。



■まとめ
修理ができなくなる状況は、機械として致命的です。風呂に使うことを考えれば、給湯器を使えないことは大問題でしょう。水道工事会社なら点検もできますし、部品の状況も確認できます。定期的におこなっていくことが重要になるでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ